Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
逗子教会

日本キリスト教団逗子教会
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
台風19号水害被災教会
0

     

    本日は、先の台風19号によって浸水した川崎市の3教会を訪問させていただきました。神奈川県の諸教会は、台風15号ではおもに風の被害を受け、今回の19号では川崎市の多摩川に近い教会で床上浸水の被害がありました。他にも被害を受けた教会があるようですが、とりあえず逗子教会を代表してうかがわせていただきました。

     

    最初に向河原教会をお訪ねしました。石丸牧師、小松伝道師が迎えてくださいました。被害から2週間以上たっていますが、まだ完全に復旧してはいませんでした。この日も、台所の床下に扇風機の風を送って乾燥作業をしておられましたし、業者が見積もりのために訪れるなど忙しそうでしたが、お話しを聞かせてくださいました。

    被害は、教会堂が床上浸水、牧師館が床下浸水だったそうです。礼拝堂は教会建物2階のため無事だったそうですが、1階の事務実・牧師室・集会室・厨房・エレベーターとそのモーターが浸水。教会員と、SCF(学生キリスト教友愛会)および横須賀学院や地域の方のボランティアの働きによって片付けと、床・床下・戸棚などの備品の清掃はほぼ終了しました。しかし教会建物の床材一枚一枚が反ってしまって、ドアの開け閉めに引っかかるし、床がでこぼこした感じです。またエレベーターのモーターが水につかって動かないそうです。修理するにもモーターの部分が水につかっていて、その水を抜くことがエレベーターの機械が邪魔してむずかしいのだそうです。エレベーター自体の入れ替えも検討中とのことで、これからまだまだたいへんだなと思いました。

     

    次に、川崎戸手教会にうかがいました。孫先生ご夫妻と教会員の方が迎えてくださいました。

    教会建物は多摩川河川敷に建っており、2階建て建物の1階部分が完全に水没し、2階の床上まで浸水したそうです。礼拝堂は1階にあり、リードオルガンなどの備品などすべて水没。2階に置いてあったものもかなり水につかり、ひどい状態とのこと。現在電気はついています。床面の泥出しは終わっていますが、1階天井の板がところどころはがれて天井裏が見える状態。そこにも浸水時の泥やゴミが付着している状態。壁板は水につかって波打っていて一部はがれていました。天井の板などにすでにカビが発生しているそうです。漏電の可能性があり、エアコンなど電気器具で動かしていないものがあるそうです。建物の看板が一部失われていました。

     

    最後に、宿河原教会をお訪ねしました。電話が通じなかったのでアポイントを取ることができず、いきなり直接伺いました。教会玄関に、洪水で中がメチャクチャになり11月4日のバザーは中止との張り紙がしてありました。逗子教会も同じ日がバザーの日で、皆さんいっしょうけんめい準備しているところなので、中止決定をせざるを得ないというのは、どんなにたいへんなことかと心中お察しいたしました。

     

    全国では、福島県の教会にも大きな被害が出ているとうかがっています。今後は教団の全国募金などに協力していき、一日も早い復旧のために祈りたいと思いました。

     

     

    posted by: 小宮山 剛 | - | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック